代表的なかぎの種類

カードキー・指紋照合式・声紋照合式・暗証番号式と、かぎの種類は数多く有りますが、中でも現在ほとんどのご家庭の玄関はシリンダー錠です。
シリンダー錠とは、かぎを差し込むかぎ穴のついた錠前を指します。皆さんのお宅の玄関ドアも多くはこのシリンダー錠なのではないでしょうか。シリンダー錠は、内部の構造によりいくつかの種類に分けられます。代表的なものはディクスシリンダーとピンシリンダーです。
ディスクシリンダーはシリンダー内部の凹凸にぴったりと合わさったかぎを差し込むと、はじめてシリンダー錠が回転し開錠される仕組みです。大変多く流通しておりましたが、内部の凹凸に合わせたツールを使って、簡単に開錠されてしまうというピッキングの被害が起こり、大変問題になりました。現在も、改良は加わっておりますが防犯性が高い商品とは言えないようです。
ピンシリンダーは、シリンダー内部の凹凸がばねで出来ており、かぎの溝の深さが正しくないと、ばねの伸び縮みの大きさも正しくならず、シリンダー錠が回転しないので、開錠できない仕組みになっています。ばねの数を多くする事で、比較的開錠の困難なシリンダー錠となるのです。