カギ110番について

最近、鍵を紛失するトラブルがあり、カギ110番にお世話になりました。
我が家には、1歳半になる娘がいます。最近なんでも私の真似をしたがり、自分のカバンを持って出かけます。その日は玄関の鍵を目にし、カバンに入れてくれとせがまれ仕方なく娘のカバンに入れました。外出から戻り鍵を娘がカバンから取し、自分でドア開けようとして玄関扉の新聞受けから家の中へガチャン・・・落としてしまいました。アッと言う間もなく一瞬の出来事でした。
慌てましたが、その時にすぐ浮かんだのがよくコマーシャルで目にしていたカギ110番の文字。すぐにスマートフォンでカギ110番を検索しました。思っていた以上に沢山の店舗があり、運よく私の家の近くにも店舗があったので、20分位で来ていただけました。少し時間はかかりましたが、無事に家へ入ることができました。
今まで、目にすることはあっても自分がカギ110番にお世話になるとは思ってもいませんでした。後で、もう一度落ち着いて調べてみると、鍵のトラブル解決の会社は他にも沢山ありました。しかし、慌てた時に頭に浮かんだのはカギ110番の文字でした。普段あまり気にしていなくても頭の中にすり込まれていたんだなあと思い、今回は本当に助かりました。