様々な鍵の種類

鍵の種類は多種多様です。昔は、ギザギザに削られた鍵が定番でしたが、昨今の特殊キーと言えばディンプルキーやレーザーキーが思い当ります。他に、もっと特殊と言えば、暗証番号キー・ICキー・カードキー・生体認証キーなど、鍵の種類は非常にたくさんあります。
鍵の種類によってメリットもデメリットがあります。たとえば、暗証番号キーや生体認証キーのメリットは、鍵を持ち歩く煩わしさや鍵を失くす不安から解放されることです。これらの鍵は、ドアを閉めた段階で自動的にロックがかかるオートロックのため、ちょっとそこまでの外出(ゴミ捨てなど)の時にも鍵のかけ忘れの心配がありません。デメリットとしては、暗証番号キーは誰かに見られていないか、良く使うキーが擦り減ってしまい暗証番号が見破られないかという不安などがあります。
生体認証キーは、指紋・声紋・血管・網膜・顔など個人の特徴で認識しますので非常に高度なセキュリティーで安心です。しかし、価格も相当高価になりますし、高齢者や子供など指紋が薄く認証がうまくいかない事もあるようです。
鍵の種類によって、特徴も価格も変わりますが、いろんな鍵の種類に関する知識を備え、自身の生活にあった鍵を選ぶことは、安心な暮らしを守るには重要なことです。