鍵屋さんになる為に

先日テレビ番組で、何十年も開ける事ができなかった古い金庫を解錠した鍵屋さんを見ました。
何日もの時間をかけて、鍵を開けた時は見ていた私も「すごいっ!」と思わず声に出して感動しました。その番組を見ていて、「鍵屋さんになるにはどうしたらいいんだろう?」と、ふと疑問に思いました。
鍵屋さんのテレビCMや広告の案内は見かけますが、実際どうやって技術を習得するのかは考えた事もなかったのです。少し調べてみると、実際に弟子入りして技術を身に付けることもありますが、今は、養成学校で技術を身に付ける人が多いようすです。特に年齢制限等は無いようで、私でも養成学校に行く事は可能でした。また、資格を持っていなくても仕事をする事は可能だそうです。要は優れた技術があるかどうかが鍵屋さんとして重要なようです。
日本ではいまだ鍵屋さんの地位は認められてないように思いますが、セキュリティー意識の高い欧米などでは、錠前技術者は「ロックスミス」と呼ばれ、社会的地位が認められた職業になるそうです。そして技術だけでなく、セキュリティーに関する仕事なだけに人間的に信頼される人物である事も問われる重要な職業なのです。