知って得する錠前の種類

錠前の種類は構造上の違いで大きく分けるとウォード錠、レバータンブラー錠、シリンダー錠の3つが有名です。
そのほかも多種多様ですが、この3つが構造を改革していきました。現代の主流はシリンダー錠ですが、南京錠などではウォード錠が使われています。錠前が種類を増やしていったなかでは最初はウォード錠ではじまり、次に進化したのがレバータンブラー錠です。そしてレバータンブラー錠からシリンダー錠へと変化していき、今でも最新のものがどんどん登場しています。
また今では防犯に対して意識が高くなり、補助錠を取りつけ2重ロックなども多くみかけます。錠前と種類は日々増えていっています。最近のものでは電子キーやテンキーロックなど様々です。ホテルなどでよく使用されるものでカードキーなどもあります。錠前は種類が変わっていくと、さまざまなサービス業などでも使用されています。リモコンキーは車のキーとして多く使用されています。
時代の変化と共にさまざまな変化を成し遂げたと言えるでしょう。錠前によって、安全やその中にあるものが守られます。街の変化などで空き巣や泥棒などの犯罪で学んだ教訓を生かしてかたちになっていくものなのです。