カギ110番で疑問解消!

27兆円。この数字なんでしょう?
あるシンクタンクの調査による、2006年の日本の「タンス預金」の総額。バブル崩壊による金融機関の破綻、超低金利、ATMの有料化など、金融・経済的な要因とともに、超高齢化社会の到来で“銀行は信用できない。お金は手元に置いておきたい”という高齢者の心理が「タンス預金」の増加を招いているのでしょうか。
そこで、お金の保管場所。かつては文字通りタンスなどに保管されていましたが、今では安全・安心な「耐火式金庫」。そこで増えているのが金庫のトラブル。鍵の紛失・解錠できない・ダイヤルの暗証番号を忘れた。そこでネット検索してみると、カギ110番というサイトを発見。カギ110番には、トラブル解決についての情報が盛りだくさん。トラブル別の料金や金庫の知識も載っていました。
私など、耐火式金庫というと半永久的に使えるものと思っていましたが、カギ110番によれば、耐火性能は20年で20%劣化するとのこと。金庫は安全・安心の代名詞。100%役目を果たしてもらわねばなりません。カギ110番は金庫についての疑問なども受け付けています。
カギ110番以外のサイトも活用して、万全の「金庫預金」生活を!