補助錠の役割

自宅の鍵は防犯性の高い鍵ですか?
バールでドアをこじ開けたりピッキングをして家屋に侵入する泥棒が
後を絶ちませんが、そういった泥棒対策に最も有効だといわれている
鍵があります。それが補助錠です。
補助錠は、今ついている鍵を活かしたまま新たに鍵を追加することで
防犯性を高める役割をします。これは、泥棒が侵入しようとしても
二つ開けなければいけないということを視覚的に知らせ、未然に諦めさせる効果があります。
泥棒は解錠に時間がかかるほど人目につきやすくなるため、それを嫌がり諦めるのです。
ご自宅の防犯対策に不安がある方は補助錠も検討されてみてはいかがでしょうか。