実はもうピッキングは使われていない?

鍵屋さんでも空き巣でもドアの鍵を開ける際にピッキングという方法を使って解錠するイメージが強いと思います。実は、最近ピッキングはほとんど使われていないのです。理由は、数年前ピッキングによる空き巣被害が多く発生した為、ピッキングが難しいタイプの鍵穴が開発されました。最近ではこのタイプの鍵穴が大半を占めています。ピッキングによる解錠は不可能ではありませんが、解錠までに沢山の時間がかかってしまうので、ピッキングという方法はほとんど使われなくなりました。最近の鍵屋さんではピッキングを知らないという人もいるかもしれません。最近では、マスターキーという専用の工具を使用し、鍵穴の形をリセットして新しい鍵の形にセットし直すという方法が主流なようです。
新しいタイプの鍵穴の登場により、空き巣などが解錠による侵入が難しくなり、防犯面が強化されましたが、それと同時に鍵のトラブルの対処を素人が行うことは非常に難しくなりました。鍵のトラブルにあった場合に、無理矢理鍵を開けようとして、鍵穴の形を変形させてしまってはマスターキーなどが刺さらなくなる可能性もありますので、鍵のトラブルは業者さんにお任せすることをおすすめします。