ピッキングをされないカギ

空き巣被害などで多い侵入経路はほとんどが窓を割っての侵入ですが、ピッキングが全くないと思ったら大間違いです。
ピッキングは訓練すれば1分も経たないうちに出来てしまうこともあり、
組織的な犯行で使われることが多くなっています。最近の空き巣は部屋を荒らした形跡を残さないために、空き巣をされてしまったこと自体気がつかず、連続で犯行に及ばれることもあります。
ピッキングされやすいカギでは、なんとヘアピンを使ってピッキングをされてしまうこともあるようです。
それではピッキングをされにくいカギはどんなものでしょうか?
例えばディンプルキーです。こちらはカギに複数の丸いくぼみがあり、配列の組み合わせが1000億通り以上もあるので、
複製が難しく、防犯に優れているのです。また最近ではカギの先にボールが付いたものまであり、ほとんど複製は不可能と言っても過言ではありません。
最近のピッキング対策は空き巣だけでは無く、ストーカーにも効果があります。
自分の財産や家族を守るためにも、しっかりとピッキング対策を行っておきたいですね。
ただそんなピッキング対策に優れたカギでも、悪意のある人間にカギを盗まれてしまった場合に対処が出来るわけではないので、十分に注意が必要です。