現在主流として使わているカギ

カギと言われると刻みがあるタイプのカギをイメージする方が多いと思います。このタイプのカギはピンシリンダー式といって昔からカギとして存在しています。しかし、ピンシリンダー式のカギは現在開発されているカギに比べて防犯性が低くピッキングによる解錠も可能なので、空き巣などの被害に遭う可能性が高くなってしまいます。
最近ではディンプルシリンダー式のカギが主流で使われています。ディンプルシリンダー式のカギは、不正な解錠を行うのが非常に難しく作られているため、防犯面に優れています。中には複製するのも難しい物も存在します。また、ピンシリンダー式のように刻みがないので、鞄などから取り出す時にどこかに引っ掛けてしまう事もないので使いやすく、鍵の形も丸みを帯びて表面がなめらかな作りになっているので、安全性も高いという特徴も持っています。
防犯性も高く使いやすいディンプルシリンダー式のカギは現在、様々な建物や金庫などのカギとして利用されています。

ディンプルシリンダー式のカギへの交換を希望する方は、一度鍵開け業者に相談することをおすすめします。
カギの交換には鍵開けの知識や技術が必要になる場合もありますので、自分でカギを行うのが難しい場合もあります。