シリンダー錠は交換するようにしましょう

住まいの財産と命を守るためには「防犯」は欠かせません。住まいにおいてその鍵(キー)を握るのは正に『鍵』です。鍵が他者によって容易に開けられるものでなければ、空き巣などの犯罪は減らすことが出来るはずです。それでも空き巣が減らない現状があるということは、まだまだ私たちの鍵対策は十分ではないということかもしれません。皆さんが今お持ちの玄関の鍵はどんな形状をしているでしょうか。もしのこぎりのようなギザギザのある鍵であれば、玄関の錠前は「シリンダー錠」と呼ばれる錠になっています。一般的に最も普及している錠前で、ホームセンターなどでも簡単に鍵のスペアが作れるので、家族何人かが利用する錠前としては便利です。しかしこのシリンダー錠は鍵がなくても「ピック」という工具を使えば、ちょっとした技術で比較的容易に鍵を開けることが出来てしまいます。最近よく聞く空き巣のピッキング被害の「ピッキング」という言葉はここから来ています。容易に開いてしまうような錠前では防犯にはなりませんね。そこで最近はピッキングが困難な錠前「ディンプルキー」が使われる機会が増えてきました。ディンプルキーはギザギザ状の鍵ではなく、平面部分に凹凸の窪みがある鍵になります。このディンプルキーによってピッキングの難易度が10倍以上上がるとも言われています。もちろんこの鍵であれば万全という訳ではありませんが、容易に開かないということは防犯にはかなり有効なことです。もしまだギザギザのシリンダー錠を使っているようでしたら、早めにディンプルキーに交換することをお薦めします。