鍵をかけることの大切さ

皆さん、ご自宅に鍵をかけていますよね。現代で鍵をかけていないと答える方はごく少数であると思います。
そんな一般的に浸透している鍵ですが、なぜ人は鍵をかけるのでしょうか。
「鍵をかける目的」について考えてみたいと思います。
そもそも鍵の持つ役割は「失くしたくないもの」「見られたくないもの」を外部から守る方法・手段です。人は鍵をかけることによって安心感を得ています。家はもちろん、机の引き出しや金庫も車も自転車も、世の中の多くのものに鍵が取り付けられていて、それらに鍵がかかっていないと、逆に私たちは違和感を抱くくらいです。
だからこそ、鍵が壊れたり、無くなったりすれば、人はとてつもない不安に襲われます。それは「守られていない」という不安です。つまり、鍵はその人の安心感に大きく寄与するアイテムであるともいえ、まもることこそが鍵の果たすべき役割であるとも言えます。
しかし、鍵は私たちにとって必要不可欠なアイテムとなったからこそ、鍵の存在が大きくなり、なくした時の不安や保管に気を配り、心配になることも多くあるのではないか、と思います。
そのような方々の負担を軽減させるため、鍵の修理を頼むお店を決めておくとよいと思います。「いざ困ったときに、ここに電話すれば大丈夫」というようなところです。鍵開けステーションでは、24時間365日お電話にてご相談を受け付けておりますので、お困りの際は、ぜひ一度お電話ください。