ドリリングへの対策について

空き巣犯が用いる違法解錠の手口にはいくつかのものがあります。
ピッキングとよばれる、特殊な工具を用いた方法。サムターン回しによる方法、バイパス解錠と呼ばれるカギの内部を直接操作する方法、バンピングと呼ばれる方法、ドアをバールなどで無理やりこじ開ける方法。
そして今回ご紹介するのは、ドリリングという違法解錠の方法です。

ドリリングによる違法解錠は極めて簡単で、鍵穴に対して電動ドリルでを用いて穴を開け、鍵を壊して解錠を行う方法です。
この方法は特殊な技術を使用することなく実施可能なので、一時期大流行し問題となりました。
電動ドリルはホームセンターなどでも手に入る通常の電動ドリルでも十分なところが恐ろしいところで、その気になれば誰でも実行可能なのが、ドリリングによる違法解錠が流行した理由です。

ただ、最近の鍵については錠前内部に特殊な鉄板や、焼入れを行った部品を使用して強度を高めて、ドリルの刃が侵入しにくくしています。
しかし、ドリルに対して絶対的に強いというわけではなく、あくまでドリルの刃が侵入しにくいというものですが、これだけでも空き巣犯の侵入を防ぐ力があるので、防犯対策にお悩みの場合は、まずはドリリング対策が施されている錠前に交換されるのもオススメです。