壊して開ける前に、まずはご相談下さい

通常のシリンダー錠は、鍵穴に鍵を差し込むことでピンなどが動き、初めて解錠できる状態になります。逆に言えば、鍵がなければ、通常の方法では解錠出来ないという事になります。
もちろん、鍵開けのプロや、空き巣犯が使用するような特殊な工具であれば、鍵が無くても解錠できる場合がありますが、普通の方がそれを持っていることはありませんし、鍵を失くしたら解錠出来ない、というのが一般的です。

さて、その状態では困る、という場合、どういった手段を取ればいいでしょうか?合い鍵があれば、合い鍵を使って解錠できます。賃貸住宅の場合は、管理人の方やオーナー様がマスターキーや合い鍵を持っている事があるので、それで開けてもらうことができるでしょう。スーツケースや金庫の鍵も、合い鍵があれば大丈夫です。

ですが、それすらも無い場合は?

そうなると、無理やり解錠するしかない、と考えると思います。つまり、扉などを破壊するということです。
もし破壊して解錠(破錠)を行うと、ドアや金庫、ロッカーやスーツケースは二度と使えなくなってしまいます。

あくまで破錠は最終手段にするとして、プロの作業なら、鍵を壊すこと無く解錠出来る場合がありますので、まずは鍵開け業者にご相談されることを強くおすすめします。