車のインロックについて

最近の車では、鍵を挿したまま外に出ようとすると警告音がなるようになっています。

しかし、慌てていたりぼーっとしていたり、音自体に慣れてしまうと鍵を刺したままでも気が付きにくいようです。

また、最近はスマートキーシステムが普及していて、鍵を車に刺さなくても、車内に置いておくだけでエンジンが始動できます。鞄の中に放り込んでおいても大丈夫なので、鍵の存在を忘れてしまうこともあるのではないでしょうか?

そんな時に起きてしまうのが「インロック」です。鍵の閉じ込めとも言われ、車の中に入れなくなってしまうのでどうすることも出来ません。

少し前の車だと、窓ガラスの隙間から針金ハンガーを突っ込めば解錠できる、と言われていましたが、車の構造がより安全に、より長持ちするようにと色々工夫された結果、ドアパネル内部も色々と複雑になっています。防水用のビニールシートが貼ってあったり、パワーウィンドウのモーターや配線などもドアパネル内にありますから、不用意に触ると破損や感電ということも考えられます。また、それによって故障をしてしまうと、余分にお金がかかってしまいます。

もし、インロックしてしまった場合は、早めに鍵の解錠が可能な業者を呼ぶことが必要です。

もし、車の鍵開けが必要になったら、当サイトまでお気軽にご連絡ください。