自分で無理して開けようとしないようにしましょう

鍵開けというと、まず思い浮かぶのはピッキングですね。昔から、泥棒やスパイの得意技となっていて、映画やドラマでもあっという間に鍵を開けてしまうシーンを良く見た事があるのではないでしょうか?

しかし、実際に使用されている鍵は、そんなに簡単に開けられるものなのでしょうか?

答えは、YESでもありNOでもあります。

なぜこういう言い方になるのかというと、鍵の種類によって、鍵開けの難易度が大きく異なるからです。

例えば、古いピンシリンダー錠と、最近使われることが増えたディンプルキーシリンダー錠では、原理としては同じ物ですが、鍵そのものの構造が大きく異なり、ピッキングに対する防御力は雲泥の差があります。

ピンシリンダー錠とは、鍵穴の内部に入っているピンに、途中で切れ目を付けておき、鍵を差し込むことでその切れ目が一直線に並んで鍵を回せるようになるという構造です。鍵にギザギザの山が入っているのはこのためですが、ディンプルキーでは、これが2方向、もしくは3方向に入っていて、ピッキングに対して極めて強い防御力を誇っています。

ピッキング出来るような鍵は、大抵このピンが1方向にしかついていないものが多いようです。

ただし、簡単に開けられるとはいえ、微妙な感触や音だけを頼りに行う作業ですから、慣れた人でなければ中々開錠は難しいでしょう。鍵を失くしたからといって、自分でピッキングしてしまうと、錠前を壊してしまうことがありますので、その時はどうぞ、鍵開けステーションまでご相談ください。