スペアキーが使えない場合も

カギのトラブルというのは突然やってくるものです。中でも厄介なのはカギの紛失。出先での紛失であっても、落としたと思われる場所が見当がつけば見つけることも出来ますが、街を歩いていて、電車やバスに乗っていてとなると、見つかって出てくるのは極めて稀ですよね。ですからもしカギを紛失してしまったという時には、皆さんもまずスペアキーを利用することを考えるでしょう。家族が入れば家族に連絡、マンションで一人暮らしだという場合は、マンションの管理人や管理会社、或いは物件を借りている賃貸仲介会社などに連絡してスペアキーで開けてもらうという方法があります。しかし家族が遠方に出かけていてすぐに戻って来れないことは往々にしてありますし、スペアキーは入居者に渡した後、管理人も管理会社、仲介会社もスペアキーを管理しないというケースも少なくありません。こんな時は、本当に家に入れずにどうしようもなくなってしまいます。もしもそんな状況に陥ってしまった場合は、本サイト「鍵開けステーション」にご連絡ください。日本全国24時間365日体制で受付をしていますので、お待たせせずに迅速に対応することが可能です。採用しているカギの防犯性能によって開錠時間は違ってきますが、それでもその日のうちに解決することが出来るはずです。