鍵の管理体制にご注意

防犯対策の中でも特に重要な位置を占めるドアや窓の鍵ですが、皆様は鍵の管理についてしっかりされていますか?
特に、多くの人が出入りする事務所や工場、倉庫の鍵については、特に厳重な管理が必要です。

鍵の管理を行うにあたり一番必要なのは、まず鍵が何本あるのかということです。合い鍵をたくさん作って、従業員に渡したりするると、元々何本あったのか分からなくなってしまう場合があります。また、従業員が勝手に合い鍵を作る事も考えられます。また1本の鍵をどこかで集中管理する場合は、今誰が使っているのか、いつ持ちだしたのかが分かることが必要です。倉庫の鍵などでよくあることですが、誰かが持ちだしたまま返していないということがあると、あちこち探し回るはめになります。人の出入りの激しい場所ですと、鍵が盗難にあったのか、それとも誰かが返すのを忘れているだけなのかということになります。

合鍵が勝手に作られる問題については、勝手に合鍵を作れないディンプルキーシリンダー錠を使ったり、あるいは暗証番号を入力して開錠するタイプの鍵に変えるのも1つの手段と言えます。屋外の場合は機械式のものを。屋内では電子錠を使うと、暗証番号を定期的に変更して防犯対策を行なうことも可能です。