オートロックマンションでの油断

共用の玄関部分にオートロックが導入されているマンションにお住まいの方は、一戸建てやオートロックが導入されていない集合住宅にお住まいの方に比べてご自宅玄関の戸締まりに対して少し警戒心が薄いように見受けられる場合があります。ゴミ捨てや、近所のコンビニなどちょっとした外出の際に鍵を施錠せずに出かけてしまうという話をよく聞きます。
確かにマンションの共有玄関は施錠されてはいますが、空き巣などの侵入者が住人のフリをして他の居住者と一緒にマンション内に侵入することは可能です。また宅配業者を装うなどして、居住者の内どこか一世帯に共用玄関を開錠させた場合、他の世帯含めマンション全体が危険に晒されることになります。
また、共有玄関にオートロックが導入されているという安心感から、自宅玄関の鍵をかけたのにウッカリ鍵を引き抜くことを忘れて鍵を挿したままで外出してしまったという鍵のトラブル事例もあります。近隣の住人が気づき、管理人に鍵を届けるなど善意の対応をしてもらえれば事無きを得ますが、もし悪意を持った第三者に見つかった場合は大変危険です。その場で窃盗に入られるだけでなく、合鍵を作られ更に被害が拡大する可能性もあります。
オートロックマンションだからといって安全が約束されているわけではありません。入居者の方それぞれが防犯意識を持って鍵の施錠をきちんと行うことが重要です。先ほど挙げた例のように玄関に鍵を挿したまま長時間放置してしまったり、鍵をなくしてしまった場合は、防犯の観点から鍵の交換をしておくことをおすすめします。