鍵が折れる原因

鍵は金属でできていて、頑丈そうに見えると思いますが長年使用している鍵になると変形や、欠けるなんてこともありますが、折れるというトラブルも珍しいことではないです。落とした時や、足や乗り物などで踏んでしまって折れたりなどもおおいですが、特に多いのは鍵を差したままで折れてしまうことです。鍵を差したまま折れる原因は、鍵を回すのとは違った力を加えてしまったり、鍵を無理やり強く回してしまったり、鍵を回す方向が違ったり、そもそも違う鍵を強引に入れて回してしまうなんてこともあります。他にも、シリンダーの鍵穴の方に長年のほこりなどが溜まってしまって鍵穴が回らず、それによって強く回してしまい折れてしまうこともあります。こうならないようにするためには鍵穴の内部の洗浄が必要になります。もしこのように鍵穴の中で折れてしまった場合は、鍵開け業者へご相談されることをお勧めします。絶対に折れた鍵を潤滑油などをしようして自分で抜こうとしないでください。鍵穴のほこりなどが固まり、シリンダー自体が使えなくなってしまうことが恐れがあります。万が一にでもこうなってしまった場合は、錠前を取り外すなどして鍵修理・交換をしなければなりませんので、この場合もですが鍵開け業者へご相談されることをお勧めします。