鍵と心のセキュリティ強化

鍵の目的は家を守ることです。鍵をして玄関や窓を開かないようにして、開けるための鍵を持っている人以外は入れないようにすることがその目的なのですが、その守りを掻い潜るように犯罪は発生しています。鍵穴に道具を挿し込んで開けるピッキングや、ドアに穴を開けて内鍵を回すサムターン回しなど、新しい侵入方法が数多く編み出されてきました。鍵を壊すという方法もあります。このように犯罪が変わっていくにつれて、鍵のセキュリティもどんどん強化されていきました。サムターン回しができないような内鍵を取り付けるといった相談は数多く寄せられていました。鍵も進化を続け、今では電子キーという通常の鍵とは違う開け方をするものも出てきました。しかし、この鍵も侵入のための手口を考えられているはずです。鍵のセキュリティ強化のために鍵交換をしてよりセキュリティの強固な鍵に取替えるという相談も多く寄せられています。しかし、より大切なのは人が防犯の意識をなくさないことです。つい鍵をかけずに出かけてしまったら、どれだけ良い鍵を取り付けていても無駄になってしまいます。そうならないためにも住宅侵入のニュースを見た時には、自分も気を付けないといけないなと思うくらいの防犯の意識があっても良いのではないでしょうか。もちろん鍵の性能を良くすることは防犯に繋がるので、家のセキュリティを強化することができるでしょう。