カギの紛失について

あらゆる場所にカギがあります。カギは大切なものを守る道具でもありますが、いつも持ち歩いているだけに紛失をしてしまうことがあるかもしれません。もしも紛失をしてしまった場合のことを考えて事前にスペアキーを用意されている方も多いと思います。さて、そのスペアキー、紛失した場合に使うことになりますが今後において心配がでてきます。紛失をしてしまったマスターキーをどこかの誰かが拾ってしまう可能性があります。そうなるとその拾ったマスタキーで建物や箱の扉を開けてしまうことができてしまいますので盗難の被害に及ぶ可能性がでてきます。盗難の被害になれば盗まれたものは返ってきませんし自体は深刻です。とある温泉施設でのできごとなのですが、ロッカーのキーを盗むお客さんがいるそうです。施設のスタッフさんは疑問もなくそのロッカーのスペキーを準備します。後日、スペアキーのロッカーを別のお客さんが使うことになるのですが、キーを盗んだお客さんがロッカーを開け中身を物色といった事件がありました。身近にそういった事件や被害があるのでカギを紛失してしまった場合、スペアキーは一時的な利用とし本体の交換をすることをオススメします。泥棒は、侵入や開場に時間がかかるとあきらめるとききます。カギを選択する一つのポイントとなるので知っておきましょう。