カギが壊れてしまう原因

カギも所詮は金属の板から出来ているものです。経年劣化に伴ってある日突然ポッキリ折れてしまうこともよくあります。
しかしカギが壊れる理由を作っているのは意外にも日頃の行いである場合もあります。
今回は何気なくやっているカギを傷めている原因をご紹介致します。

・カギに合わない潤滑油を使っている
カギが何だか入りにくい、回しにくいという時によくシリコンスプレーなどを使用していませんか?
もちろんカギ穴専用のものであれば別ですが、そうでないものにシリコンスプレーを使用すると、カギに使用されている金属がスプレーの成分に反応し、劣化しやすくなってしまいます。またシリコンスプレーはよりホコリやチリを絡めてしまいやすいため、安易に使用するのは避けた方が良さそうです。

・異物を差し込んでいる
つまようじや針金など、子供がいたずらで差し込んで、中でポッキリ折れてしまったというケースも多くあります。こうした場合は無理に異物を取り除こうとせず、ある程度経験のある人に修理を任せた方が良さそうです。また、合わないカギを何度も差し間違えることによって、内部のシリンダーを傷めてしまい、故障してしまうこともあります。カギは出来るだけ間違えないように見分けの付くストラップなどを用意しましょう。