スペアキーを作る

鍵屋に行ってスペアキーを作ろうとして断られた方も多いかもしれません。鍵のトラブルを未然に防ぐために、複数の鍵を持っていて、いざという時のための鍵をカバンなどに隠している方もいらっしゃるかと思います。この鍵の複製には技術が必要になります。日々鍵の技術は進歩しており、鍵のメーカーもピッキング対策などの防犯を理由に様々な種類の複雑な鍵を作っています。この鍵を複製してスペアキーを作成する際に100パーセント同じ鍵を作ることは難しく、大抵の場合はミクロ単位でほんの僅かなズレが存在します。鍵は小さな金属の中に様々な防犯機能を詰め込みますので、鍵のほんの僅かなズレで鍵が開き辛くなったり、最悪の場合は鍵が抜けなくなってしまい、折れてしまう事さえあります。ですのでスペアキーからスペアキーへの複製は、ミクロ単位のズレのある鍵から、またさらにズレが生まれる可能性がありますので、この複製を断られることがあるのです。もちろん例外的にスペアキーを作ることもありますし、必ずしも鍵穴に入らなくなるわけではありませんが、小さな積み重ねが大惨事を巻き起こしてしまうこともありますので、鍵を失くしてしまった時のためにスペアキーの複製を考えているのならば、マスターキーから複製をするようにしましょう。当サイトでは鍵のトラブルの解決だけではなく、鍵の交換や修理などの鍵に関する様々な相談にのることができます。鍵でお悩みの方はぜひご相談ください。