もしもの為の準備

仕事や外出から帰宅して鍵が無い!といったアクシデントに見舞われた経験がある方はそう少なくないはずです。何らかの表拍子で鍵を落としたり無くしたりといったことは誰にでも起こり得ます。私は大丈夫と他人事ではないのです。こういうもしものアクシデントを想定して前もって準備をしておく必要があります。もし”何の準備も無い”状態だったのならば、大変不安になりますね。慎重に管理しているつもりでも無くしてしまうことはありますので、早めの対処が必要になります。さて、無くしてしまう前にどのような準備が必要なのでしょうか。まず一つ目は「予備の鍵を作る」ことでしょう。一般的にはスペアキーと称されています。スペアキーはホームセンターや鍵屋さんで作ることが可能です。スペアキーがあればもし、鍵を無くしてしまってもスペアキーを使用して鍵を開けることができます。予備に1本持っておくというのも1つの手でしょう。しかし、スペアキーは鍵のコピーなので、純正に比べ若干の違いが生じます。完全に開かないこともあり得るので作成するときはよく考えましょう。次に準備しておきたいのは鍵屋さん、マンションの管理会社や大家さんなどの連絡先です。いざという時に連絡出来るように日頃から紙に書いて持ち歩くか、連絡先に登録しておいたほうが良いでしょう。いつどこで無くなってしまうか予想もできません。そういう時にすぐに相談できる環境を整えましょう。最後に、無くすのを未然に防ぐという意味で、鍵に大きめのストラップを付けておくことをお勧めします。こうすれば落としにくかったり落としてもすぐに気が付けます。また落としても目立つのですぐに見つかりますね。警察に紛失届を出しても特徴を言うことができます。こういった準備をしておくことで、鍵の紛失に対する重要性が改めて見えてくるのです。もしもの為に皆さんも準備することを心がけましょう。