大切な鍵、カバンに入っていますか?

家の鍵を閉めて、出掛ける。毎日何げなく行っているこの作業ですが、何げなくやっているだけにいざ家に入ろうとして鍵が無い!となったときの動揺はとっても大きいです。疲れて帰ってきて、目の前に我が家があるのに入れない・・・。軽くパニックに陥ってしまう人も多いはずです。一度鍵が見つからなくて、必死で交番に問い合わせたり周囲を探し回ったりして、やっと見つかった!なんていうことが起きると、その日からしばらくはカバンにちゃんと鍵が入っているか、しょっちゅう確認してしまう事でしょう。しかし、1か月もするとまた鍵の行方について思いを巡らすことはなくなってしまいます。家族で住んでいる場合は、誰かが帰ってくるまで待っている、ということもできて安心ですが一人暮らしの場合、本当に鍵が無くなってしまったらかなり困ります。まだ一人暮らしを始めたばかりだったら、知り合いも友達もいない状態で投げ出されてしまうのです。古いアパートを借りていたりする場合、大家さんのもとに合鍵が用意されていないということもまだまだあります。漫画喫茶を探して、夜を明かすということになってしまうかもしれません。新しい生活が始まったばかりの時期は特に、何げなく行ってしまう鍵の開け閉めにもちょっと意識して生活することが大事ですね。また近所に鍵屋がどこにあるのか、確認しておきましょう。鍵のトラブルが起きた時にも、お店を知っていれば少し冷静になれるかもしれません。