鍵のメンテナンス

鍵はささるけど回らない、鍵が鍵穴の中で折れた等、長年使用している鍵にトラブルはつきものです。
私達は住まいを守るために鍵をかけ、財産や貴重品を守るために金庫や引き出しに鍵をかけます。私達の生活の安心は鍵によって得られているといっても過言ではないと思いますが、鍵のメンテナンスに気を配ることはあまりないのではないでしょうか。
現在、最も多く流通している鍵は金属製のシリンダー錠です。鍵の故障の原因の一つに、鍵穴に埃やゴミが蓄積してしまうケースがあります。最近鍵が回りにくいと感じていらっしゃる方は鍵穴の清掃をしてみてはいかがでしょうか。お勧めは、掃除機で吸ったり、PCのキーボード用エアダスターを使用することです。また、鍵穴清掃用の洗浄剤も市販されていますので、試されてはいかがでしょうか。細い金属棒や爪楊枝などを鍵穴に差して清掃すると内部で折れてしまう可能性があるので避けましょう。
一般的に鍵の寿命は5~10年と言われています。しかしながら鍵本体は交換していても鍵穴(シリンダー)は未交換のまま10年以上経過しているという場合も多いかと思います。経年劣化した鍵穴は内部が歪んだり、スプリングの強度に問題が出る可能性があります。また、それだけ年月の経過している鍵には防犯上問題があることも多いでしょう。最近では鍵の防犯性能も一昔前と比較すると格段に向上しており、カードキータイプ、生体認証タイプなど様々な鍵が登場しています。近年、軽犯罪の増加が問題になっており、治安も昔と比べて悪くなってきているように思われます。鍵交換の時期が訪れたら、防犯性能の高い鍵に付替えを検討されてみてはいかがでしょうか。