知っておきたいメンテナンス方法

鍵の寿命はその環境にもよりますが、一般的なもので約10年前後と言われています。普段の生活のなかではあまり意識しないかもしれませんが、日々開閉を繰り返すなかで鍵も寿命をどんどんすり減らしているようです。長年使っている鍵は次第に開けづらくなっていくものですが、これは鍵の寿命も関係しています。なんとか開くうちはよいですが、とうとう開かなくなってしまっては、鍵の意味がありません。しかも自宅玄関の鍵であれば、生活全体に影響が出てしまいます。そんな事態を未然に防ぐためにも鍵の定期的なメンテナンスは重要です。ここで注意してほしいのが、潤滑油。鍵が回りにくいからと言って、自転車などに使う家庭用潤滑油を鍵穴に使用するのは危険です。もし家庭用の潤滑油を使った場合、鍵穴のなかに埃がたまる原因になります。鍵が刺さらない、回らない、抜けないというより大きなトラブルを引き起こしかねません。水を使って洗うのも、内部が錆びる可能性があるのでよくありません。鍵穴の埃が気になる時は、掃除機を使用して掃除したあと、メーカー指定の潤滑油を使用するとよいでしょう。また、鍵そのものも歯ブラシを使って優しくブラッシングしてあげることで、溝にたまった埃やゴミを取り除くことができます。もちろん、これらの自分自身でできるメンテナンスが必ずしも成功するとは限りません。やはり餅は餅屋、鍵は鍵屋へ。鍵で何か困りごとが発生した場合は、早め早めに鍵屋さんに相談するのがおすすめです。