鍵の所有について

家の玄関だけでなく、自動車、自転車、金庫等など・・・改めて考えると、私達はいかに鍵を必要としているかが分かりますね。1本の鍵さえあれば防犯対策は万全ですから、鍵があるかないかだけで、だいぶ気持ち的にも余裕が出てきます。
ただ、普段、皆さんは鍵をどのように所有されているでしょうか?基本的に、ご自身が鍵を所有しているかと思いますが、中には、他人に鍵を預けている方もいらっしゃるかもしれません。防犯対策の観点としましては、すぐに鍵はご自身が所有しておくことをオススメ致します。というのも、鍵を預かった方が、その鍵を悪用するかもしれないからです。
ご自身にとっては、鍵を預けるほど信用出来る相手なので「そんなこと、あるわけがないだろう」と憤慨されると思います。ですが、今の世の中、ご自身がいつ犯罪に巻き込まれるか分かりません。「昨日の友は今日の敵」ということわざがあるように、他人の考えが悪い方向へ変わることも考えられます。
ですから、常に鍵はご自身が持っておくこと、どうしても鍵を預けざるを得ないのであれば、せめてご家族の方だけに留めておくようにしておきましょう。
それでも、もし鍵のトラブルに見舞われた方は、早いうちに鍵屋まで相談することが先決です。