無理矢理に触ってはいけません

お家に戻ってきた際に鍵を開けようとしたところ、鍵がどこにも見当たらないという経験はありませんか?室内に家族がいれば携帯電話から連絡したり、インターホンを鳴らしたりして開けてもらうこともできますが、誰もいないならば開けられなくなってしまいます。そんな危機的状況において、パニックを起こして無理矢理に鍵を開けてしまうと、さらなる鍵のトラブルを引き起こしてしまう恐れがあるのです。例えばドアノブを何度も強く引っ張ってしまうと外れてしまうほか、鍵が壊れてしまいます。またドライバーなどの工具を鍵穴に差し込んでも開けることはできないうえ、鍵穴が傷つく恐れがあります。鍵が開kけられない状況は鍵の紛失だけでなく、故障やいたずらによっても起こりうるものなので、いずれの場合でもこのような対処方法は危険な行為となります。もしも鍵が開かない状況になってしまったならば、鍵開けを業者に依頼されることをおすすめします。鍵開けに対応する業者によっては夜間や早朝でも皆さんのもとへ駆けつけることができるので、帰宅した際に鍵の異常を見つけたときでも安心です。鍵は皆さんの想像以上にデリケートな器具なので、開けられないときでも無理矢理に触らないようにしてください。