古い鍵は簡単に開けられてしまいます

最近ではディンプルキーなどの鍵が登場しておりますが、以前はディスクシリンダーという鍵が一般的でした。この鍵の特徴としては故障をしにくい点で、一般的な鍵の寿命である10年を大きく超える長持ちの鍵として知られていたのです。しかしこの長寿の理由は単に精度が低い鍵というだけでした。あまり精密な鍵ではなかったために鍵穴の中にゴミが入っても平気で回せたのです。こういったことに加えて、ディスクシリンダーの場合はピッキングが簡単だという欠点がありました。特別な道具を使わなくてもピンだけで開けることもできるようなのです。このピッキングへの弱さによってピッキング被害が大きく増えてしまったために、現在あるようなディンプルキーのようなものに鍵交換されてきました。しかし、古い家などの場合はまだディスクシリンダーの鍵を使い続けているところがあるかもしれません。形は鍵穴が縦向きで、くの字に見えるという特徴があります。また鍵本体には両側に刻みがあるという特徴があるので、この鍵をまだ使っている場合には一度鍵交換を検討されてみてはいかがでしょうか。こちらの鍵の場合は既にメーカーも新規の製作を中止していることがほとんどで、合い鍵作成については期限を決めて対応しているのが現状です。本格的に使えなくなってから新しいものに鍵交換をするのではなく、早めの対応をしておきましょう。