ご自宅にあった防犯鍵を選びましょう

外出する際には、戸締りをします。戸締りをした後、皆様は鍵をどこにしまっておきますか?ジーパンのポケットの中や、カバンのポケットの中など自分なりに失くしにくい場所にしまっておくことでしょう。施錠することによって、大切な住宅に侵入されるのを防いでくれますが近年ではピッキング被害などが増加しており、鍵を施錠していても思いがけないところで犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。その様な犯罪防止のために、防犯鍵などが普及しております。防犯鍵には、どの様な種類があるのでしょうか。
防犯対策を行う上で大切なのは、侵入するのに時間がかかる住宅にすることです。空き巣泥棒などは侵入時間がかかると、諦める場合が多いのです。侵入時間をかせぐためには、2重ロックにされることをお薦めします。玄関の鍵が丸く穴が空いているタイプのものは、簡単に壊されてしまう恐れがあります。その際に2重ロックしておくことで、簡単に住宅内に入られるのを防止することができます。
また、カードをかざすだけで開錠できるカードキーも防犯対策に役立ちます。カードキーの中には、不正に開錠されると自動施錠機能が働き、再びロックされるタイプのものがあります。
ご自宅の鍵のタイプに合わせて、鍵交換をしたり防犯対策をしたりして犯罪を未然に防ぎましょう。