便利な合鍵の危険性

多くの鍵屋では、合鍵の作製サービスも取り扱っています。合鍵の作製は、万が一のときのスペアとして、また家族に持たせるときなどに役立ちます。しかし、合鍵の作製が時として犯罪に繋がるケースもあります。鍵屋が悪くなくても、合鍵が悪用されることはありますので、合鍵の取扱いには十分に気をつけましょう。
合鍵が悪用されるケースとして多いのが、賃貸物件での前入居者による犯罪です。通常、新たな入居者が入る前には錠前を交換することになっています。しかし交換が行われず、かつ前入居者が鍵を持っている場合、その鍵を使用して簡単に侵入されてしまいます。そのため新たに入居する場合は、それが新しい錠前なのか、また合鍵の存在についても大家や管理会社に確認するようにしましょう。
別のケースとして、ひったくりから合鍵を使用した犯罪に発展するケースもあります。もしも免許証などが入った財布を盗まれてしまった場合、住所を盗み見られることがあります。その時同時に鍵を盗まれていた場合、ひそかに合鍵を作られていることもあります。これらを盗まれてしまった場合は、錠前を交換するのが最も安心の対策でしょう。
現代では、合鍵の作製は数分のうちに終わることもありますし、鍵の番号だけで複製されてしまうこともあります。そのため、安易に鍵を他人に貸したり、目に見える場所に放置しておくことは避けなければいけません。また、新しく錠前を購入する場合は身分証明書が無ければ複製できない錠前を選ぶという方法もあります。合鍵作製は便利なサービスですが、同時に悪用されることもあるサービスです。ご自身の鍵が知らず知らずのうちに複製されていないか、よく注意するようにしましょう。