ダイヤル錠の解錠について

ダイヤル錠、特に金庫のものは暗証番号の桁数が多いので開け方がわからなくなる方も多いようです。
金庫にも色々なものがありますので、1桁の番号を複数個組み合わせてあるだけのものから、2桁の番号に加えてダイヤルを回す回数が決まっている対応のものもあります。
例としては、1個めの暗証番号を4回、2個めの暗証番号を3回、3個めの暗証番号を2回、4個目の暗証番号を1回という、4つの番号と回転回数の組み合わせです。日本製のダイヤル錠の金庫にはこの形式が多いようです。
ちなみに、金庫が開けられないという時は、この時ダイヤルを合わせる場所が違ったり、回す回数が違うことが多いようです。
基準になるのは0ではなく暗証番号の数字ということは覚えておいて損はないはずです。また、家庭用の金庫の場合、ダイヤル錠を開けた後でないとシリンダー錠を開けられない形式のものもあるので、その点を注意しておく必要があります。また、中にはマグネット式のカギをあてがうだけで開錠可能なものもあるようです。
ただし、年数が経っている金庫は内部の部品がサビたり、劣化して開錠出来ない例もあるようです。その際はまず、当サイトにご相談ください。