ツーロックで防犯対策

防犯対策に効果的な方法の1つとして、ツーロックが挙げられます。自宅のドアや自転車などでも使われており、防犯対策としては比較的メジャーです。ワンドアツーロックというと、1つのドアに2つの鍵を取り付けることですが、この時2つの鍵はそれぞれ別々の鍵にした方がいいのでしょうか、これは一概にイエスとは言い切れません。2つの鍵を別々にすることは、防犯面で優れているように感じますが、実際には2つとも同じ鍵でも、さほど効果は変わらないと言われています。なぜなら泥棒はいち早く仕事を終えたいため、侵入や逃走に時間がかかることを嫌がります。特にピッキングをしているところを、誰かに見られたら元も子もないわけです。そういう意味では、鍵が2つ取り付けてあるというだけでも、効果があります。鍵が2つあるということは、鍵をこじ開ける時間や労力が2倍になるということです。つまり、2つとも同じ鍵であっても防犯効果はあるということです。むしろ管理面で言えば同じ鍵のほうが便利かもしれません。別々の鍵を使用していると、それぞれの鍵をしっかり管理していなければいけません。仮にどちらか1つでもなくしてしまったら、ドアが開かなくなってしまうのです。もちろん必ずそういった事態になるわけではないので、鍵をなくさない、少しでも防犯性を高めたいという方は別々の鍵にしてしまいましょう。鍵の防犯性が心配という方は、鍵屋と相談してしっかり対策を取りましょう。