鍵の交換と管理

自宅の鍵を定期的に交換しているという方はいるでしょうか、正直多くはないでしょう。しかし、なかには毎年年末には鍵を交換し、安心して新年を迎えるなんて方もいらっしゃいます。実際に鍵の定期的な交換は防犯の観点から推奨されていますが、ほとんどの人は鍵を紛失するなどの「機会」が訪れないとなかなか交換しないのが現状のようです。流石に毎年交換とまではいかなくても、数年に一度交換するくらいならやってみようかなと思うのではないでしょうか。実際、定期的な鍵交換はやっておいて損はありません。少しでも空き巣などが侵入するリスクを下げるためには有効だといえます。例えば、自分が知らないうちに合鍵などを作られていても鍵交換をしておけば侵入を防ぐことが可能です。なかには、侵入された兆候が見つかってから変えればいいと言う方もいらっしゃるでしょう。しかし、侵入されてからでは遅いのです。それに、兆候を見つけられず、侵入を繰り返されたら被害が広がる一方なのです。また、注意点もあります。定期的に鍵交換を行っても、管理をしっかりしなければ、本末転倒です。例えば、合鍵の隠し場所にポストの中などありきたりな場所を選択すると、当然空き巣なども思いつくため簡単に見つかる可能性があります。そうなると、いくら定期的に鍵交換を行っていても意味が無いのです。定期的な鍵交換と徹底した管理を行うことで、空き巣に入られるリスクを軽減できるのです。