定期的な鍵交換で防犯対策

普段、滅多なことでは鍵の交換は行いませんが、ピッキングなどの鍵開けの手法は鍵が進化するのと同じようにどんどん新しくなります。それに対抗するには、定期的に鍵交換を行うことで、最新の状態を保つという方法もあります。実際に、毎年年末には鍵交換を行い、新しい鍵で安心して新年を迎えるという方もいらっしゃるのです。どちらにしても、鍵の交換はいつか必要になるものです。鍵にも寿命はあるため、永遠に壊れないなんてことはなのです。むしろ、毎日のように使っているため、老朽化する一方なのです。老朽化した鍵は、鍵穴にささりにくかったり、逆に抜けにくかったり、ささっても鍵が回らないなんてこともあります。最悪の場合は鍵が折れてしまうこともあり、そのようなトラブルが起きてから対処していては遅いのです。また、それだけ鍵が老朽化しているということは、それだけ空き巣に狙われやすいということです。空き巣はなるべく侵入しやすい家を探します。防犯対策が取られていないか、ピッキングがし易いかどうかなど、事前に確かめて、ターゲットを絞るのです。そういった意味では、定期的に鍵を交換することは、空き巣の防止にもつながります。新しい鍵にすることで、防犯対策がとれていると認識させることができるため、空き巣に狙われにくくなるのです。もちろん完全にターゲットから外れるというわけではありませんが、リスクを軽減させるには十分と言えるでしょう。今住んでいる住宅の鍵を何年も変えていないという方は、鍵交換を検討されてはどうでしょうか。