鎌付きデットボルトの鍵もご検討ください

通常、玄関扉などに使用される錠前はラッチボルトとデットボルトというものが取り付けられており、これでドアが開かないように固定しています。ラッチボルトは直方体の一変を斜めに切り落としたような形状で、ドアノブを回すと引っ込むので、これでドアが開けます。一方、デッドボルトは鍵を開け閉めしない限りはそのまま固定されているもので、鍵を閉めると外へ飛び出し、開けるとドアの中に引き込まれます。
従来、これだけあれば十分防犯体制が取れていたのですが、ドアのこじ開けなど色々と凶悪な方法が増えてきた現在、更に防犯体制を強化する必要があります。
そこで考え出されたのが鎌付きのデッドボルトです。
これは通常のデッドボルトと異なり、鍵を閉めると、デッドボルトから鎌状のパーツが飛び出して、ドア枠にあるストライクとがっちり噛み合うようになっています。
これにより、万が一ドア枠を壊されても、その部分が引っかかるのでドアを開けることができないという仕掛けです。
万が一それを壊す事が出来るとしても、空き巣は鍵開けに時間を取られることを嫌いますので、ゲタイする効果が期待できます。
現在古い鍵を使われていて防犯体制が不安だという場合は、一度ご検討されてはいかがでしょうか。