室内錠の鍵開けもお任せください

住宅の防犯を担うのは主に玄関や勝手口、窓の鍵ですが、それ以外にも沢山の鍵が住宅内に取り付けられている場合があります。トイレ、ベッドルームなどの鍵は室内錠と呼ばれており、簡易的な鍵が使用されることも多い場所です。
古い住宅や公衆トイレで見られるような、金具をスライドさせるだけで内側から鍵を掛けられるものもあれば、南京錠を使用してドアとドア枠の金具を固定するもの、ウォード錠のような簡易的な構造の鍵など、様々なタイプがあります。
これらは防犯よりもドアの固定や、その場所を使用中に誰かが入ってこないようにするためのものといえるでしょう。
特にトイレの場合、外側から施錠状況がわかるようになっているものも多いです。
ただ、簡易的な構造なので、古くなって固定が甘くなっていたり、遊びが大きくなっていると、施錠ができないばかりか、勝手に施錠される場合もありますので注意が必要です。特にスライド式の金具で施錠するタイプに多いですが、他の鍵でも施錠したら二度と開けられないというトラブルも考えられます。
そういった鍵開けのご相談も受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。