玄関引き戸の鍵交換も忘れずに

日本ではおなじみの引き戸。現在でも、ご自宅の玄関が引き戸というご家庭もあると思います。しかし引き戸は従来の住宅に多いことから、その防犯性も現代では不十分になってしまっている事があります。そもそも引き戸は、ガラスの面積が広いことから破られやすかったり、力づくで破壊されやすかったりと、防犯性は開き戸とくらべて低いと言われています。
そのような危うい引き戸も、鍵交換を済ませておけば防犯性が確保できるかもしれません。引き戸に使用されている錠前は、開き戸のものとは全く異なる構造をしています。そのため、鍵交換の際には種類や寸法などを間違えてはいけません。きちんと下調べすればDIYでの鍵交換も可能ではありますが、防犯に関わるものですので、鍵屋にご依頼されるのがよろしいでしょう。
わざわざ玄関のリフォームを行わなくても、鍵交換一つで防犯性を向上させることは可能です。今でも従来の錠前をご利用されているのでしたら、すぐに交換することをおすすめいたします。