ピッキングには専用の道具が必要です

テレビ番組や映画などで、鍵を開ける光景を目にしますが、今ではピッキングが難しい錠前が主流になっていますので、玄関の解錠に使われることはあまりありません。
しかし、南京錠を開けるときや構造が簡単な倉庫や部屋の鍵を開ける時にはまだ使われることがあります。
そのため、自分でもピッキングをやってみたいと思う方もいるかもしれませんが、そこには落とし穴が潜んでいます。実はピッキングという行為自体は、法律で禁止されており、特別な許可を持った人(鍵屋)以外は行えないのです。

また、鍵屋さんがピッキングを行う時には専用の道具を使います、見様見真似で、針金などで代用しようとした場合、中で折れてしまうことがあります。そうなると、針金を取り出すのはかなり難しくなりますので、鍵を破壊するケースも出てくるので決して自分で行わないようにしましょう。

ピッキングは誰にでもできるわけではありません。どうしてもピッキングが必要な時にはその資格を持った鍵のプロに依頼するしかありません。ロッカーの鍵をなくしてしまった、倉庫の鍵をなくしてしまったなどの理由でピッキングが必要になった時には、しかるべき場所に依頼するようにしましょう。