鍵トラブルの色んな原因紹介します

鍵が刺さらない、回らない、抜けないなど色々なトラブルが起きますが色んな原因がありますので、対処法も分かれます。今回は、鍵トラブルが起きる原因について、対策を含めながら解説していこうと思います。

意外と多い原因が、鍵の変形です。鍵は精巧なつくりをしていますので、数ミリのずれでもその機能が失われることもあるのです。変形した鍵を元に戻すのは難しいのであらかじめスペアキーを用意しておきましょう。
また、スペアキーも作った時にはわずかにずれが生じるものです。スペアキーからスペアキーを作ればさらにずれてしまうので、マスターキーはできるだけ使わず保管しておくと良いでしょう。

他にも鍵穴にごみや錆が溜まっていることもあります。中の異物を取り除くことで、機能を取り戻しますが、奥に入り込んだごみや錆については自分で取り除くのは難しいでしょう。自分で対処する時には掃除機で鍵穴を吸うくらいにとどめておくのがおすすめです。また、鍵穴にごみが入らないように、鍵を掃除しておくと良いでしょう。その方法は、歯ブラシでこするのがおすすめです。

さらには潤滑油の不足、経年劣化、シリンダーの故障など様々な原因が存在します。鍵修理をするためには、これらの原因を特定するところから始めなくてはいけませんので、誰でもできる作業とは言えません。やはり鍵のプロに任せるのが、堅実で安全な方法と言えるでしょう。