簡単に開けられる鍵、難しい鍵

鍵にも色々ありますが、本来鍵の役割は、鍵がない限り簡単に扉を開けたり、蓋を開けたり出来ないようにするためのものです。
しかし、技術の進歩とともに、鍵を簡単に開けてしまう手法色々出回っています。
一般の方がよくご存知なのは、ピッキングではないでしょうか。ピッキング用の特殊な工具を用いて、鍵がなくてもドアを開けてしまうのは、鍵をなくした時には助かると思うとともに、その技術が悪用されたら・・・と不安になるかもしれません。
最近発売されている鍵では、ピッキングに対して耐久性を持つものも多く、ピッキングでは時間がかかりすぎてしまうため、空き巣を断念させる効果もあるようです。
しかし、鍵を壊してドアを開けたり、バールでこじ開けたり、あるいは室内側のサムターンを作動させたりするなど、違法な鍵開け方法と鍵の防犯性能はイタチごっこのようになっています。
もちろん、防犯強化のためには簡単に開けられない鍵のほうが良いと言われていますので、古い鍵を使い続けている場所では、早めに鍵交換をされてはいかがでしょうか。