マスターキーもお任せを

通常、錠と鍵はセットになっています。Aという錠前があれば、Aの錠とAの鍵が無ければ施錠・解錠はできません。つまり、錠前の数だけ鍵の種類があるという事になります。
しかし、その例外としてマスターキーが存在します。主にマンションやホテルなどで利用される鍵で、マスターキーならばAの錠もBの錠も全て開けてしまう事ができます。しかし、どうしてこのようなことができるのでしょうか。

通常、適切な鍵を差し込みますと、錠の中に入っている障害(タンブラー)のラインが揃い、鍵が回るようになります。しかしマスターキーシステムがある場合、その鍵専用のラインだけでなく、マスターキー用のラインも設けられています。そのため、専用の鍵とマスターキーの両方が利用できるようになるのです。
その逆で、マンションのエントランスなど複数の鍵で一つの錠を操作することが可能なものを逆マスターキーシステムと呼びます。

その施設全ての鍵を開けてしまう事ができるマスターキーだけに、普段は厳重に管理されています。しかし、長く置かれていればサビや汚れが付く事がありますし、紛失すれば一大事です。マスターキーの鍵トラブルについても、当サイトまで御相談ください。