こじ開けはドアの破損を招く危険な行為です

ドアや金庫、ロッカーの鍵などを紛失してしまうと、つい慌ててしまって無理やりこじ開けを行おうとする方もいるようです。
頑丈そうに見えるドアでも、バールなどを使うことでこじ開けることはできます。
しかし、一度こじ開けたが最後、そのドアやロッカー、金庫は使えなくなってしまう覚悟が必要です。もし今後二度と使わないことが確定しているものなら良いですが、賃貸住宅の場合は修繕が必要ですし、金庫は交換品が来るまで、貴重品の管理ができなくなってしまいます。ロッカーにしても同様です。
これらへの対処を行なうためには、きちんとした技術を持った鍵開けのプロに依頼して対応してもらう他ありません。
鍵開けのプロであれば、ドアなどを壊すことなく、鍵を開けることも可能な場合があります。これにも費用はかかりますが、こじ開けにより破損した部分を修繕したり、金庫やロッカーを買い直すよりは安く付く場合が多いです。
これらの鍵開けはお急ぎのことも多いでしょうが、当サイトにご連絡頂ければ、鍵のプロが迅速に駆けつけますので、お気軽にご相談ください。