知っていますか?鍵の寿命

「ドアノブが回らななくなった」「そもそも鍵ってずっと使っていても大丈夫なの?」アパートやマンションなどの賃貸に引っ越しをした場合、間取りや立地もとても重要な確認ポイントですが、もう一つ確認しなければならないことは、鍵の状態ではないでしょうか。
鍵は、永遠に使えるものではなく、使っていれば当然劣化してくるので、鍵の交換が必要になってきます。
契約したマンションやアパートなどでも、築年数が経っているのであれば、鍵の交換が必要になります。
鍵の寿命は、一般的に5~10年である可能性がありますが、当然使用状況や保存状況により、その寿命には差が出てきます。
鍵の劣化を早める原因としては、湿気や水気などが考えられます。海辺に近いところに住んでいる方は、潮風にも注意が必要です。
鍵が劣化してしまうと、家のドアが開きにくくなったり、ドアノブが回しずらくなる可能性が出てくるので、鍵の保存状態には注意しましょう。
築年数が長いアパートやマンションに入居する場合は、鍵の劣化も考えて、スペアキーを常に準備しておく必要があるのではないでしょうか。
スペアキーを常に準備しておくことで、もしものときのために備えることができ、鍵が突然使えなくなった時に対処しやすくなるので、スペアキー作成の相談、鍵修理の相談などは、プロの鍵屋さんにお任せしてみてはいかがでしょうか。