意外な原因の一つです

鍵を開けようとしたら、なんか急に固くなった気がして違和感がしたりする鍵のトラブルなどの経験はないでしょうか。
一番はじめに疑うのは泥棒や犯罪ですよね。もしかしたら誰か家に入ろうとして鍵を無理やりこじ開けたかもしれないと。
しかし原因は意外なことかもしれません。
この時期は湿気が多く、ほこりがたまりやすい季節ですよね。その湿気が原因の可能性もあります。
鍵穴の内部が湿気の為錆びついてまわりにくくなるという事例がるようです。まさか内部が錆てるなんて思わないですよね。
また近年鍵が精密化していることもあり、少しのほこりが原因になることもあります。これは防犯性の高い鍵になればなるほどおこりうる事態になると言われています。また、鍵にほこりがついたまま鍵穴にいれてしまうと鍵穴にほこりが付着してしまいます。そのほこりが湿気などで固まって鍵が開かなくなったりすることもあるようです。
また汚れがつきやすくしているのは、手入れに市販の油や市販の合成潤滑油などを使ったりしてはいませんか。滑りはよくなりますが、このオイルが汚れを付着しやすいことがあるようです。もしご自分で手入れをするようであれば、鍵穴専用のスプレーを使うことをお勧めします。ただなにもわからないまま手入れをしてしまい逆に鍵が悪くなってしまったりしてしまう可能性もあります。
そういう時こそ鍵のプロに話を聞いてみるのもいいかもしれません。