賃貸住宅でも出来る「+アルファ」の防犯対策

ディスクシリンダーと呼ばれる鍵穴が平仮名の「く」の字の形の鍵をみなさまもおそらくご覧になった事があるでしょう。このタイプは特にピッキングに弱く、空き巣のターゲットとして非常に狙われやすいのをご存じでしょうか?
一人暮らしだと「家賃を抑えたい」等の都合で古い物件を選ぶケースも充分あり、その場合先に述べたようなものをはじめ古いタイプの鍵が使われている事もよくあります。その場合、空き巣などの不審者の侵入に対して不安になる事も多いはず。
留守を悟られないよう気を配ったり素人なりに出来る対策はあるもののやはり限界が。
そんな時は鍵のプロにぜひご相談を!
設置する事で玄関ドアを簡単にツーロックに変えられるものや、サムターン回しと呼ばれる手口から侵入を防ぐグッズなど、現在ついている鍵に「+アルファ」をする事で賃貸物件でもより安心な生活を手に入れる事が出来ます。穴開けなど部屋を傷つけずに使えるものがたくさんあるので、ドアのタイプに合わせて相談してみては?
また、侵入経路として非常に多いのが窓。窓の振動や開閉を検知してアラームが鳴るものや、窓の鍵をダイヤルロック式の物に変えられるグッズもあります。外から見える場所に対策をしておく事で不審者を遠ざける事が出来るでしょう。
もちろん鍵自体を新しいタイプに交換してしまう手もあります。その場合は管理会社や大家さんへの許可を得る必要があるのでご注意を。
鍵のプロといえば緊急時のトラブル対応のイメージが強いですが、ぜひ安全対策のプロとしても頼ってみてはいかがでしょうか。