針金だけで鍵は開けられる?

昔のドラマや映画を見ていると、南京錠に針金やヘアピンを差し込んでガチャガチャと何度も動かしているシーンを目にすることがあるのではないでしょうか。
あるときカチリと何かが噛みあったような音とともに錠が外れて開錠成功。大抵はこのような流れになることが多いです。
実際のところ、針金だけを使った鍵開けは可能なのでしょうか?
結論から言えば、現代の鍵ではほぼ不可能とされています。最も単純な南京錠でも針金一本では無理でしょう。ドラマのように針金で鍵を開けるには、技術が必要かもしれません。
現代の錠前の施錠方式として比較的多く普及しているのは「ピンタンブラー方式」と呼ばれるものです。
錠前の中に複数の長さの異なるかんぬきがあり、対応する鍵を鍵穴に差し込んだときのみすべてのかんぬきが抜けることで錠が外れるという原理ですが、かんぬきは少ないものでも5本ほどあると言われています。
つまり針金だけで鍵開けをするには、少なくとも複数の針金を適切な位置に差し込む必要があるということで、あまり現実的ではありません。家の鍵を落としてしまったときは、素直にプロの鍵屋さんを呼んで開けてもらいましょう。
下手に針金やヘアピンを突っ込むと、内部構造を傷めて修理が必要になってしまうこともあります。