意外に多いトイレや浴室での鍵トラブル

鍵が開かなくなった、鍵を紛失してしまった、車をインロックしてしまった、など鍵開けを業者に依頼するケースでパッと思い浮かぶのはこんな感じでしょうか。実は自宅のトイレや浴室のドアが開かず困ったという問い合わせも多いです。入ろうとしたら開かない、勢いよく閉めてしまっただけでロックがかかってしまった、中に閉じ込められてしまうようなケースもあります。
トイレや浴室に使われている鍵はシンプルな構造のものが多く、そのためか上手く開けられないと焦ってしまう方も多いようです。

それではよく目にする2種類のタイプについてご紹介します。
まずはツマミを回すタイプのサムターン式。これはツマミを元に戻すことでロックが解除されます。
次はドアノブについているボタンを押すタイプのロック式。こちらはボタンを押すとロックがかかり、ドアノブを回すとロックが解除されます。
後に述べたロック式はロックがかかっている状態に気づかずドアを閉めてしまい開けられなくなるトラブルが起こりがちです。
いずれも緊急時のために外側に鍵穴のような溝がついているものがほとんどなので、コインなどで回すと開けられるようになっています。
もしそれでも開けられない場合は鍵自体に修理が必要な場合もあるので、鍵開けのプロにぜひ相談を。